喫煙者がブロリコを飲むとどんな効果があるの!?

私はもともと両親からの遺伝もあり血液中のコレステロールの値が高めです。

 

 

バレーボールを若いころしていました。

 

 

アキレス腱の右足を二十台中ごろに左足を三十代前半に断裂してしまい会社の都合もあり激しい運動ができなくなりました。

 

 

三十台に入り体の代謝が落ち始め偏った食事になりがちになったころ健康診断の数値が気になりだし判定も悪くなってき始めました。

 

 

たばこも吸っていたせいもあってか血圧も高めで白血球の数も少なめで免疫力が弱く風邪などにかかりやすい体質でした。

 

結婚の前にたばこをやめ妻の両親が借りている市民農園を手伝い収穫された野菜をもらい食卓には採れた野菜がならぶようになりました。

 

 

妻と二人で貸家を借り庭も耕して肥料をまき土壌改善をし種からや苗から野菜を育てています。

 

隣のお宅でも野菜を育てていてこのあたりの日当たりや野菜の育て方を教わりました。

 

 

収穫した野菜は食卓に並び余ったものや珍しいものはおとなりに分けたり逆に頂いたりしています。

 

 

両親にも珍しい野菜や余った野菜は挨拶代わりに届けかわりにコーヒーや砂糖作った梅酒などをもらったりしています。

 

 

自分の育てた野菜なので自然と食べる量も多くなりお弁当などでも食べています。

 

 

ほとんどしなかった運動も食事前に30分から一時間散歩するようにもなりました。

 

 

そういった暮らしを過ごす中で自然と活力も生まれ健康診断の数値にも少しずつ変化がでてきました。

 

 

その結果としてまずは実家で暮らしていた頃よりも風邪を引きにくくなりました

 

 

これは血液検査の白血球の数字でもわかることです。また野菜から摂取されたビタミンCのおかげかもしれません。

 

 

散歩や農作業禁煙や野菜の多い食事なかでも食物繊維の豊富なブロッコリーはコレステロールの数値の改善に役立ったと思います。

 

 

野菜に含まれているマグネシウムやカリウムカルシウムなどの効能により血圧の抑制につながったと考えられます。

 

 

生活や食事適度な運動により健康を維持していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA